▶︎【初心者必見】オススメの韓国語勉強法!

「(靴を)履く」の韓国語「신다(シンタ)」の意味や文法をやさしく解説

韓国語_シンタ(履く)

「履く」って韓国語で何と言うんだろう?

今回は韓国語の「履く」と言う意味の「신다シンタ」について解説します。靴や靴下などを「履く」という動作は必ず毎日あります。知らないわけには行かない単語ですので、ぜひマスターしましょう!

韓国語の学習で悩ましいことの一つが、単語の活用ですよね。安心してください。今回の신다シンタは、変則活用がなく規則的な活用だけを使います!何度も使いながら、韓国語動詞の活用についてもしっかり学びましょう。

文法「신다(シンタ)」の意味や時制

まずは「신다シンタ」の文法的な意味をおさらいします。

基本形신다
意味(靴下・靴などを)履く
読み方シンタ
品詞動詞
漢字語なし
レベルハングル検定4級, TOPIK2級

次に「신다シンタ」の時制をみていきましょう。

文法ハングル読み方
現在形신습니다シンスムニダ
現在進行形신고 있다シンゴイッタ
連体形신은シヌン
過去形신었다シノッタ
過去進行形신고 있었다シンゴイッソッタ
過去連体形신는シンヌン
未来形신겠다シンゲッタ
疑問形신겠습니까?シンゲッスムニッカ

そして「신다シンタ」の活用です。

文法ハングル読み方
パンマル(タメ口)신어シノ
ヘヨ体신어요シノヨ
ハムニダ体신습니다シンスムニダ

韓国語のタメ口や敬語表現については、下記記事でくわしく解説していますよ!

韓国語の敬語とタメ口(パンマル)をマスターしよう

韓国語の敬語とタメ口(パンマル)をマスターしよう

語幹の活用も規則的で、どちらかというと理解しやすい単語だったのではないでしょうか。文法のルールを覚えてしまえば、あとは単語を当てはめていくだけで語彙がどんどん増えていきます。「신다シンタ」を使って、文法のルールを覚えてしまいましょう。

「신다(シンダ)」と「입다(イプタ)」の違い

ところで、みなさんは신다シンタ」と「입다イプタ」の違いはご存知ですか?何かと混同しやすい2つの単語、違いを復習しておきましょう。

신다シンタ」と「입다イプタ」の違い
  • 신다シンタ」→ 靴、靴下、タイツなど
  • 입다イプタ」→ 服、スカート、ズボン、下着など

ちなみに、眼鏡や帽子は「쓰다スダ(使う)」を使います。

日本語ではスカートやズボンなど、足から身に着けるもの全般を「履く」と表現しますよね。韓国語の場合は、履物か衣服かで区別するので注意しましょう!

「신다(シンダ)」の音声付き例文

ここでは「신다シンタ」の例文を音声付きで解説します。

신발을 신어 주세요.
シンバルルシノジュセヨ

靴を履いてください。

양말을 신고 있습니다.
ヤンマルルシンコイッスムニダ

靴下を履いています。

한번 신어 볼까요?
ハンボンシノボルッカヨ

一度履いてみますか?

오늘 새 신발을 신고 있어요.
オヌル セ シンバルル シンゴ イッソヨ

今日新しい靴を履いています。

신발을 신어!
シンバルル シノ

靴を履け!

새 양말을 신었습니다.
セ ヤンマルル シノッスムニダ

新しい靴下を履きました

신는 신발은 새로운 것입니까?
シンヌン シンバルン セロウン ゴシムニッカ?

履く靴は新しいものですか?

내일은 하양 신발을 신겠습니까?
ネイルン ハヤン シンバルル シンゲッスムニッカ

明日は白い靴を履きますか?

새 신발을 신고 싶습니까?
セ シンバルル シンコ シプスムニッカ

新しい靴を履きたいですか?

양말 신고 있어.
ヤンマル シンコ イッソ

靴下履いてるよ

いかがでしたでしょうか?「신다シンタ」という動詞について解説しました。「履く」という動詞は使いみちが限られますが、自分の動作を説明したり、相手に伝えるときには欠かせない単語です。何度も使ってみて、マスターしてしまいましょう!

韓国語を学びたての方にオススメの記事もご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね♪

韓国語初心者が最初に読むべき記事

韓国語(ハングル)の勉強を始める方へ【初心者オススメの勉強法】