▶︎【初心者必見】オススメの韓国語勉強法!

「教える」の韓国語「가르치다 (カルチダ)」の意味や文法を解説

韓国語で「教える」は「가르치다-(カルチダ)」
韓国語で「教える」は「가르치다-(カルチダ)」

「教える」って韓国語で何と言うんだろう?

みなさん、こんにちは。チェゴハングルのシュニ(@shun_hangugo)です。今回は韓国語の「教える」と言う意味の「가르치다カルチダ」について解説します。韓国語の学習がうまくなるコツの一つは、気軽に「教えて!」と聞けることです。この単語を覚えて、ネイティブにどんどん質問しちゃいましょう。

文法「가르치다(カルチダ)」の意味や時制

まずは「가르치다カルチダ」の文法的な意味をおさらいしましょう。

基本形가르치다
意味教える
読み方カルチダ
品詞動詞
漢字語なし
レベルハングル検定4級, TOPIK2級

次に「가르치다カルチダ」の時制をみていきましょう。

文法ハングル読み方
現在形가르친다カルチンダ
現在進行形가르치고 있다カルチゴイッタ
連体形가르치는カルチヌン
過去形가르쳤다カルチョッタ
過去進行形가르치고 있었다カルチゴイッソッタ
過去連体形가르찬カルチン
未来形가르치겠다カルチゲッタ
疑問形가르칩니까?カルチムニッカ

そして「가르치다カルチダ」の活用です。

文法ハングル読み方
パンマル(タメ口)가르쳐カルチョ
ヘヨ体가르쳐요カルチョヨ
ハムニダ体가르칩니다カルチムニダ

韓国語の敬語やタメ口表現について、もっと詳しく知りたい方は下記記事もあわせてご覧ください。

韓国語の敬語とタメ口(パンマル)をマスターしよう

韓国語の敬語とタメ口(パンマル)をマスターしよう

가르치다カルチダ」の時制と活用についてお伝えしました。韓国語の語尾の変化にはルールがあります。このルールは動詞の時制や活用では必ず使用しますので、早いうちにマスターしましょう。

  • 語幹の母音が「아」または「오」の場合、語幹の後ろに「-아」をつける
  • それ以外の母音の場合、語幹の後ろに「-어」をつける

さっそく、今回の「가르치다カルチダ」に語尾に요を付けてヘヨ体を作ってみましょう。語幹は「가르치-」で아/오の音以外で終わっていますので、어 をつけて「가르치어+요」となります。さらに、이+어は韓国語で「여」となることから、가르쳐요と変化します。

「가르치다(カルチダ)」の音声付き例文

ここでは「가르치다カルチダ」を使った例文フレーズを音声と一緒に見ていきましょう。

제가 가르쳐 줄게요.
チェガ カルチョ ジュルッケヨ

私が教えてあげます。

한국인에게 일본어를 가르치고 있습니다.
ハングギネゲ イルボノルル カルチゴ イッスムニダ

韓国人に日本語を教えています。

정확하게 가르쳐야 한다.
ジョンハッカゲ カルチョヤ ハンダ

正確に教えなければならない

방법을 가르치고 싶어요.
パンポブル カルチゴ シッポヨ

方法を教えたいです

이것은 가르쳐줬잖아요.
イゴスン カルチョジョッチャナヨ

これは教えたじゃないですか。

한글을 가르쳐드릴까요?
ハングルル カルチョドゥリルッカヨ

ハングルを教えましょうか?

공항까지 갈 길을 가르쳤어요.
コンハンカジ カル キルル カルチョッソヨ

空港までの道を教えました。

「教えてください」は韓国語で?

ここでは、韓国語で「教えてください」という時の例文フレーズを紹介します。「가르쳐주세요カルチョジュセヨ」の代わりに「알려주세요アrリョジュセヨ」もよく使いますよ!

연락처 좀 가르쳐 주세요.
ヨルラクチョ チョム カルジョ ジュセヨ

空港までの道を教えました。

이 단어의 뜻을 가르쳐 주세요.
イ タノエ トゥスル カルチョ ジュセヨ

この単語の意味を教えてください。

전화번호를 가르쳐 주세요.
チョナボノルル カルチョジュセヨ

電話番号を教えて下さい。

이해할수 있도록 가르쳐주세요.
イヘハルス イットロック カルチョジュセヨ

理解できるように教えて下さい。

ちなみに「가르치세요カルチセヨ」は、相手に何かを教えてくれるようお願いする意味にはなりません。「教えなさってください(=教えると言う行為をなさってください)」という意味なので注意です。

まとめ | 韓国語の「가르치다(カルチダ)」

いかがでしたか。今回は韓国語の「教える」と言う意味の「가르치다カルチダ」について解説してみました。韓国語を学び始めたら、この単語は早いうちに習得することをオススメします。韓国語の単語や文法を尋ねるだけでなく、道案内や連絡先を教えてもらう時にも「가르치다カルチダ」を必ず使いますよ!

韓国語初心者にオススメ記事

韓国語初心者が最初に読むべき記事

韓国語(ハングル)の勉強を始める方へ【初心者オススメの勉強法】