▶︎【初心者必見】オススメの韓国語勉強法!

「絶つ・切る」の韓国語「끊다(クタ)」の意味や文法を解説

끊다(絶つ・切る)

「絶つ・切る」って韓国語で何と言うんだろう?

今回は韓国語の「切る」と言う意味の「끊다クタ」について解説します。ハングルで書くと複雑に見えますが、覚えてしまえば使いやすい単語です!

日本語では「切る」という言い方で済ますことができますが、この끊다クタは「髪を切る」などの分離するというよりは、「関係を断つ」のようなニュアンスで使われる単語です。今回は끊다にスポットを当てて解説します!

文法「끊다(クタ)」の意味や時制

まずは끊다クタの文法的な意味をおさらいします。

基本形끊다
意味絶つ・切る
読み方クタ
品詞動詞
漢字語なし
レベルハングル検定5級, TOPIK1級

次に「끊다クタ」の時制をみていきましょう。

文法ハングル読み方
現在形귾습니다クンスムニダ
現在進行形끊고 있다クンゴイッタ
連体形끊는クンヌン
過去形끊었다クノッタ
過去進行形끊어 있었다クノイッソッタ
過去連体形끊는クヌン
未来形끈겠다クンゲッタ
疑問形끊습니까?クンスムニッカ

そして「끊다クタ」の活用です。

文法ハングル読み方
パンマル(タメ口)끊어クノ
ヘヨ体끊어요クノヨ
ハムニダ体끊습니다クンスムニダ

韓国語のタメ口や敬語表現については、下記記事でくわしく解説していますよ!

韓国語の敬語とタメ口(パンマル)をマスターしよう

「끊다(クタ)」の活用

この끊다という単語、なんだか文字が複雑ですね…。でも大丈夫ですよ!順番に解説しますね。

まず끄という文字からいきましょう。끄다(大きい)という形容詞をご存じの方もいらっしゃると思います。発音は「ックダ」となります。はじめに「ッ」が入っていて発音しづらいですが、この「ック」は「がっくり」と言う時の「ッ」です。実際に発音してみてくださいね。

ㄶのようにパッチムが2つあることに抵抗がある人もいるようですが、2つパッチムがある(二重パッチムと言いいます)場合、どちらを読むのかは不規則です。11個ある二重パッチムのうち、8個が左側を読みますので、「原則左を読む」と覚えてもいいですね。この場合はㄴを読むことになります。したがって、끊다は「クンタ」となるわけです。

つぎに活用です。아요/어요が付く場合を例に取ってみましょう。아요になるのか어요になるのかは、語幹の母音に従います。母音が아または오の場合は아요、それ以外は어요となります。끊の場合、母音はㅡになりますので、어요ですね。したがって끊어요となります。

そして끊어요のように、二重パッチムがある語幹の次にㅇが続いたときは、「二重パッチムの右の文字の音で続ける」というルールがあります(ちょっとだけ例外もあります)。発音をするためにわかりやすいように書くと끈허요という発音になります。

끊다と자르다の違い

끊다クタによく似た単語として자르다ジャルダががあります。この2つの単語には、どんな違いがあるでしょうか?

끊다クタは、英語でいうと「cut」ではなく「quit」に近いニュアンスです。続いていたものを「断ち切る」といった意味があります。

一方で、「髪を切る」など、物体をハサミや刃物で切る場合は지르다ジャルダを使いましょう♪

「끊다(クタ)」の音声付き例文

ここでは「끊다クタ」の例文を音声付きで解説します。

전화를 끊습니다.ジョナルル クンスムニダ
電話を切ります。

술을 끊었습니다.
スルル クノッスムニダ

酒を断ちました。

술을 끊고 싶습니다.
スルル クンゴ シップスムニダ

酒をやめたいです。

전화를 끊어.
ジョナル ルクノ

電話を切るよ。

술을 끊겠습니다.
スルル クンゲッスムニダ

酒をやめます。

끊어 주세요.
スルル クノ ジュセヨ

お酒を止めてください。

술을 끊을 거에요.
スルル クヌル コエヨ

お酒をやめるつもりです。

전화가 끊임없이 와요.
ジョナガ クニムオプシ ワヨ

電話が絶え間なく来ます。

담배를 끊을 수 가 없습니다.
タンベルル クヌル ス ガ オプスムニダ

たばこをやめることができません。

교류를 끊을 예정입니다.
キョリュルル クヌル イェジョンイムニダ

交流を辞める予定です。

まとめ | 끊어요クノヨ

いかがでしたか?今回は「끊다クダ」の意味や用法について説明しました。一見すると複雑に見える単語ですが、語幹部分とパッチム部分にわけて考えることで、ルール通りの活用で対応できますよ!

パッチムが2つある場合(二重パッチムと言います)にどちらを発音するかについては、悩まれる方も多いと思います。上述したとおり、原則左なのですが、ㄺ,ㄻ,ㄿだけが右を読みますので、記憶できる方は覚えてしまっても良いですね〜^^

韓国語初心者が最初に読むべき記事