▶︎【初心者必見】オススメの韓国語勉強法!

「香ばしい」の韓国語は「고소하다(コソハダ)」と「구수하다(クスハダ)」

韓国語の고소하다(香ばしい)
韓国語の고소하다(香ばしい)

「香ばしい」って韓国語で何と言うんだろう?

みなさん、こんにちは。チェゴハングルのシュニと申します。今回は韓国語の「香ばしい」と言う意味の「고소하다コソハダ」や「구수하다グスハダ」について解説します。

文法「고소하다(コソハダ)」の意味や時制

まずは고소하다コソハダの文法的な意味をおさらいします。

基本形고소하다
意味香ばしい
読み方コソハダ
品詞形容詞
漢字語なし
レベルハングル検定3級

고소하다コソハダは韓国の料理番組でよく使われる表現です。炒ったゴマのような香ばしい匂いのことで、韓国では料理や飲み物に使う最高の褒め言葉ですね!

고소하다コソハダ구수하다グスハダの違い

韓国語の구수하다(香ばしい)
韓国語の구수하다(香ばしい)

ちなみに고소하다コソハダに似た単語として구수하다グスハダがあります。韓国人は、2つの単語をしっかり使い分けていますが、一体どんな違いがあるのでしょうか?

고소하다コソハダ구수하다グスハダの違い
  • 고소하다コソハダ : ゴマの香り
  • 구수하다グスハダ : 穀物を炒ったときの香り
    例)お焦げ、パン、麦茶など

日本の「香ばしい」とのニュアンスの違いに気づいた方も多いのではないでしょうか。日本語の「香ばしい」は穀物などが加熱されたときに出る香りのことなので구수하다グスハダの方がニュアンスとして近いと思います。

他にも고소하다コソハダには、喧嘩した時に使う「ざまあみろ!良い気味だ!」という意味もあります。「人の不幸=良い匂い」という意味ですから、あまり好ましい表現でありませんね…。一方で구수하다グスハダには「長い時間が経った」という意味もありますよ!

「고소하다」と「구수하다」を使った例文

ここでは고소하다コソハダ」や「구수하다グスハダの例文を音声付きで解説します。

참깨의 고소한 향을 맡아요.
チャムエエ コソハン ヒャンウル マタヨ

ゴマの香ばしい香りを嗅ぎます。

콩은 너무 고소합니다.
コンウン ノム コソハムニダ

豆はとても香ばしいです。

그 사람들이 헤어지니 거 참 고소하다
く サラムドゥリ ヘオジニ ゴ チャム コソハダ

あの人たちが別れたなんて、良い気味だ。

구수한 이야기
グスハン イヤギ

(長い時間が経った)昔の話

いかがでしたでしょうか。今回は「香ばしい」と意味の韓国語「고소하다コソハダ」や「구수하다グスハダ」について紹介しました。韓国では「香ばしい」は料理に対して褒め言葉としてよく使う表現です。英語では「香ばしい」という適した表現がないので「earthy / toasty / grassy / nutty / cheesy」といった表現を使うようです。

ちなみに고소하다コソハダには「告訴する」と「苦笑する」という同音意義語の動詞があるので混同しないように注意してください。最後に、韓国語初心者にオススメの記事を紹介します。ぜひ参考にしてくださいね♪

韓国語初心者が最初に読むべき記事

韓国語(ハングル)の勉強を始める方へ【初心者オススメの勉強法】