▶︎【初心者必見】オススメの韓国語勉強法!

【徹底比較】韓国旅行・留学におすすめポケットWiFiを紹介

韓国旅行や留学にオススメのWi-Fiルーターまとめ
韓国旅行や留学にオススメのWi-Fiルーターまとめ

韓国旅行・留学でもポケットWiFiのレンタルって必要なのかな?

ポケットWi-Fiにもたくさん種類やプランがあって、どれを選べばいいのかわからない…。

今回は、こんなお悩みを解消していきます!

みなさんは携帯電話を使用する際、docomoやSoftBank、auと契約して月額料金を払っていると思います。もちろん、それらの携帯をそのまま韓国で使用することはできません。(下手すると国際ローミングと呼ばれる高額オプションが適用されてしまいますので注意!)

Wi-Fiの普及率が高く、インターネット先進国の韓国。あちこちでフリーWi-Fiを使うことができます。

「旅行でWi-Fiルーターは必要ないのでは?」と思われるかもしれません。しかし、セキュリティ面言葉がうまく通じない外国であることふまえると、韓国ではレンタルWi-Fiを持ち歩いた方が便利でしょう。

SIMフリーのスマホをお持ちなら、現地でSIMカードを調達する方法などがありますが、あらかじめ国内でポケットWi-Fiをレンタルするすることが最もカンタンです。設定が簡単で同時接続もできるレンタルWiFiは、初心者から韓国マスターまで使っています。

今回は、そんなレンタルWiFiについて、大手3社を比べながらおすすめをご紹介していきます!

結局どのポケットWi-Fiが良いのか?

韓国WiFiルーター3社
韓国WiFiルーター3社

料金・価格の比較表

まずは、とにかく安く済ませたい人の為に、料金比較表を見ていきましょう。

データ容量1日間2日間3日間4日間
グローバルWiFiワイファイ600MB/日870円1,740円2,610円3,480円
イモトのWiFi500MB/日680円1,360円2,040円2,720円
韓国DATAデータ無制限590円1,180円1,770円2,360円
※一部プランを抜粋
※受取手数料、配送料等は除く

料金だけで選ぶなら「韓国DATA」がオススメです。どのプランをとっても、文句なしの料金設定です。そして、速度や使いやすさなど、総合して選ぶなら「グローバルWiFiが良いでしょう。

韓国旅行・留学におすすめポケットWiFi

韓国留学や韓国旅行をよく使う筆者としては「グローバルWiFi」をぜひオススメしたいです。料金・速度・受取り方法など、どれをとっても満足できるレンタルWiFiといえます。

グローバルWiFi

出典:グローバルWiFi 公式サイト

グローバルWiFiの強みはなんといっても、コスパよく安定&速い接続ができること。普段、通信速度を気にする人は少ないと思いますが、グローバルWiFiは普段通りのストレスフリーの速度です。

また、価格面のネックも「格安現地受け取り」を利用すれば、仁川空港で受取・返却できる場合のみ料金がググッと安くなります

さらに、他と比べても圧倒的に受け取れる空港が多い点もグローバルWiFiの魅力です。国内17空港、34ヶ所のカウンターで受取・返却が可能となっています。もちろん、宅配も全国に対応していますよ。

料金は抑えながらも利便性よくレンタルするなら、グローバルWiFi一択です。

こんな人におすすめ
  • 韓国旅行初心者
  • 安定して速い接続がいい
  • 受取〜返却まですべて空港で済ませたい
  • 24時間対応のサポートがほしい
  • YouTubeやアプリが快適で動くサービスを求める人

旅の行き帰りで受取・返却ができると、WiFiのことをあれこれ考えずノンストレスで旅行できますね!

イモトのWiFi

出典:イモトのWiFi 公式サイト

早割プランがあるイモトのWiFi海外レンタル」は1ヶ月前から韓国旅行・留学の予定が決まっている人にピッタリ。30日前/45日前/60日前と早く予約するほど安くなります。

イモトのWiFiは他と比べるとやや高いですが「意外と嬉しい細かい仕様」はピカイチ。さすが大手日本企業のレンタルWiFiですね♪

イモトのWiFiの特徴
  • 画面にデータ使用量が表示されるので、韓国でもストレスなく行動できる
  • 韓国に対応したプラグが無料でついている
  • コンビニ払いに対応で、クレジットカードがなくても○

受け取り場所は新千歳・成田・羽田・関空・福岡空港・宅配(一部非対応)・東京本社で、グローバルWiFiワイファイほど柔軟では無いので注意。

こんな人におすすめ
  • 日本企業の安心感がほしい
  • あらかじめ旅行日程が決まっている
  • 細かいところまで日本人向きなレンタルWiFiがいい
  • 旅行中のデータ残量が心配

支払い方法は、クレジットカード・AmazonPay・コンビニです。

韓国DATAデータ

出典:韓国DATA 公式サイト

とにかく圧倒的な安さ・コスパを求める人は、韓国DATAがオススメです。韓国の大手通信会社「LG U+」の回線を使用しているので、速度も満足できるでしょう。

他社と違ってプランは1プラン(無制限)のみですが、データ利用制限もなく、旅行中に料金が追加発生する心配も一切ありません。

受け取り方法は成田・羽田・関空・中部・宅配(沖縄以外)の5パターン。また、他社ほどサポートは充実しているとは言えなさそうです。

1日あたり590円で、送料も手数料も0円!韓国に特化しているため大手ほど有名ではありませんが、圧倒的にコスパのいいレンタルWiFiです。

こんな人におすすめ
  • とにかく安くレンタルしたい
  • 現地でたくさんネットを使いたい
  • 軽きて持ち運びが楽なレンタルWiFiがいい

重さは約115g(たまご2個分くらい)と、軽量コンパクトで持ち運びも便利!

ポケットWi-Fiの購入・受取・返却の流れ

white airplane on airport

ポケットWiFiの受取・返却

  1. 公式ページより申し込み

自分にあったレンタルWiFiを決めたら、公式ページ「お申し込み」から予約へ進みましょう。申し込み欄に、渡航先・期間・台数・補償・オプション・受取返却方法・個人情報などを記入します。

キャンペーンがある場合は、事前に適用されているかチェックしてから申込みに進みましょう!

  1. 決済をする

基本的に事前決済クレジットカード払いが多いです。

しかし、レンタル企業によってはコンビニ決済キャリア決済が選択できるところもあります。ご自身が対応できる決済方法を選択して支払いましょう!

  1. 受取る

申し込み時に選択した方法で受取します。

  • 空港:出発当日に空港カウンター、もしくは空港内の専用ロッカーにて受取
  • 宅配:自宅に届いたレンタルWiFiを忘れず持って空港へ
  • 現地:韓国に着いてから指定場所(空港やホテルなど)にて受取
  1. 現地で使用

韓国でWiFiに接続し、ネット検索やSNS、地図を利用してストレスフリーな旅行を!ほとんどの場合が、電源を入れてWiFiとして接続するだけでOK。

  1. 返却

申し込み時に選択した方法で返却します。

  • ポスト投函:返信用の封筒にいれてポストに投函。空港内にもポストがあるので、帰国してそのまま返却できます
  • 専用BOX:レンタルしていた企業の専用BOXにケースごと入れて返却
  • 自分で返送:返信用封筒に入れて返却

「自分で返送」の場合、返却期限が帰国当日ということもあります。返信住所を確認し、切手や封筒を準備して韓国に出発しましょう!

セットやオプションをつけるべきか?

レンタルWiFiのよくあるオプションにバッテリー保証翻訳機があります。

セットやオプションをつけるべきか、結論からいうと以下の通りです。

  • バッテリー:韓国旅行初心者はあると便利
  • 保険:期間や旅行先による
  • 翻訳機:絶対に必要なし(と、個人的に思う)

それぞれ、詳しくみていきましょう!

充電バッテリー

オプションのバッテリーは、スマホとレンタルWiFiどちらも充電できるものがほとんどです。最近のレンタルWiFiは最大8〜12時間などと持ちが良いので、オプションなしでもほとんどの場合は心配ありません。

しかし、1日100円〜200円くらいなので「たくさん調べるから途中で充電切れになるのは怖い。」スマホの充電もしたい!」という心配性な人にはおすすめです。

携帯用のモバイルバッテリーを持っている人はそれで代用可です!

破損や盗難保証

破損や盗難など、万が一に備えた保証です。

加入していると、ポケットWiFiを盗まれた時や水没させてしまった時に弁償金を一部保証してくれます。プランによっては、飛行機の荷物遅延や携行品への保証があるものも。

私はいつも長期旅行の際にはつけますが、正直かばんは常に意識して持っているので短期ではつけないこともあります。

しかし、韓国といえども海外。絶対盗まれない、絶対失くさないということは言い切れません…。万が一に備えたい方にはおすすめのオプションです。

翻訳機

世界74言語を通訳してくれるポケトークや、写真で写した文字を翻訳してくれる機械。正直、翻訳機に関しては、今ならスマホアプリや辞書があるので必要ないかなと思います

初心者でスマホに慣れていない方にはおすすめです。

ポケットWiFiワイファイの基本

ポケットWiFiワイファイルーターのメリット

やはり、なんといっても「現地でも自由自在にLINE・インターネット検索できる」でしょう。その中でも、SIMカードを借りるのではなく、レンタルWiFiならではのメリットは……

  • 接続設定が簡単
  • 友達とシェアできる
  • 同時にパソコンやiPadにも繋げる

ということ。

パスワードを入力するだけなので誰でも簡単に設定可能。さらに同時接続可能なので、WiFiルーター1台でたくさんの機器を接続できることがメリットと言えます!

ポケットWiFiの使い方

機種によって若干の違いはありますが、どれも簡単に設定することができます。

WiFiルーター使い方・手順
  1. 出発前に、説明書にあるSSIDとパスワードを確認
  2. 日本を出発したらスマホを機内モードに設定
  3. 韓国に到着したらルーターをONにする
  4. スマホの設定>WiFiから、SSID(Wi-Fi名)を選択してパスワードを入力
  5. スマホにWiFiマークがついて、ネットに繋がったら完了!

※レンタル企業や端末によって異なります。必ず同封の説明書をご確認ください。

SSID(Wi-Fi名)とパスワードをお持ちのスマホやPCに入れると接続完了!難しくないので、初心者でも安心です。

データ通信量の目安

以下は通信量の目安です。一人が1日あたり消費する通信量を、余裕を持って200MBと仮定した場合、以下のように見積もっておきましょう。とはいえ、韓国DATAならデータ無制限ではありますが….。

滞在日数通信量の目安(1人)通信量の目安(2人)
1日200MB(0.2GB)400MB(0.4GB)
2日400MB(0.4GB)800MB(0.8GB)
3日600MB(0.6GB)1.2GB
4日800MB(0.8GB)1.6GB
5日1GB2GB
6日1.2GB2.4GB
7日1.4GB2.8GB

まとめ | 韓国旅行・留学にポケットWi-Fi

black iPhone on gray computer keyboard

いかがでしたか?今回は「韓国旅行におすすめポケットWi-Fiのレンタル」についてご紹介してきました!韓国旅行でネットが自由に使えると、地図が調べられたり、地下鉄の乗り換えがわかったり。行動の幅が広がりますよね。

今回は日本であらかじめ手配をする方法を紹介しました。もちろん、韓国現地で安く調達することも可能です。しかし、日本のクレジットカードが使えなかったり、備品が揃っていなかったなど、トラブルに巻き込まれることも…。

みなさんもWiFiルーターをレンタルして、韓国で行きたかったあの場所へ出かけませんか?